SCHOOL スクール

MMJ ORDER MADE WORKSHOP オーダーメイドワークショップ

受付中

第53期 基礎コース

①まずはしっかりホン(脚本)を読む

講師が実際に演出した脚本を使い、全員で本読みを行います。「本読み」とは、実際に台詞を声に出しながら読み進めていき、芝居の内容や方向性を確認していく作業です。

 

②立ち稽古で実際にシーンを演じる

シーンごとに演じる役を決め、講師の演出のもと、実際にそのシーンを演じます。自分が演じるのはもちろんのこと、他の人の演技を見ることも良い経験になります。

 

③立ち稽古の演技をさらにブラッシュアップ~講評

最終日には、講師の演出家に加えて、MMJのプロデューサーも参加。受講者の演技を見て、講座の最後にひとりひとりの演技を講評します。演出家の視点とプロデューサーの視点双方からアドバイスを行うことで、ドラマの現場で本当に求められている演技とは何か、今足りないものは何か、そして伸ばしていくべきところはどこか、などを知る貴重な機会となります。