MMJ Media Mix Japan  メデイア・ミックス・ジャパン

HOME > INTERVIEW

プロディーサー・インタビュー

事業部

東 圭介

KEISUKE AZUMA

Q. 東さんの現在の仕事内容を教えて下さい。

 

事業部で主に演劇のプロデューサーをしています。具体的に言いますと、まず企画開発から始まります。次に予算組みや劇場のブッキング、キャスティング、スタッフの手配などを行います。それと平行して脚本家や演出家と打ち合わせを行っていきます。いざ稽古や本番が始まると、稽古場や劇場でのプロダクションの管理やスケジュール調整などを行います。規模が大きい公演になると、出資している製作委員会各社との打ち合わせなどもあり、業務内容は多岐に渡ります。それらの全てに携わることもあれば、一部や途中から関わることもあります。まだまだ先輩方の力を借りながら、日々手探りで仕事をしています。

 

 

Q. 演劇のプロデューサーの苦労や醍醐味って何でしょう?

 

演劇のプロデューサーの苦労…。とにかく何もかもが大変です(笑)。予想通り順調に進むということがほぼ無いな、と思います。具体的には、例えば当初の予想に反して興行的に伸び悩んだり、稽古や本番中に思いもしないハプニングやトラブルが起きたり…などです。都度、プレッシャーに押しつぶされそうになりながら、時に押しつぶされながら、どうにか対処しています…。
醍醐味は、素晴らしい才能を持った人々と出会えることです。脚本家、演出家、俳優、音楽など、素晴らしい才能を目にした時は身震いします。また、そんな才能を持った人々と一つの作品を作り上げて、お客さんに観てもらう時は、言葉ではなかなか表現出来ない高揚感がありますね。

 

 

Q. 東さんの仕事をする上でのこだわりを教えて下さい。

 

企画から携わるときは、一つ確固たるテーマを持った作品を作るように心がけています。テーマがあれば、それが一つの指針にもなり、迷った時の判断する材料になります。また、仕事をする上ではなるべく自分自身が楽しむよう心がけています。娯楽を提供する仕事なので、提供する側がつまらないと思っていたら、そのままお客さんに伝わってしまうかなと思いますので(笑)。以前上司に「プロデューサーが疲れた顔を見せてはいけない」と言われて、なるほどと思いました。プロダクションをまとめる立場の人間が笑顔であった方が、絶対に良い雰囲気になります。とは言いつつも、思っていることがすぐ顔に出てしまう体質なので、なかなかうまくいきませんが…(笑)。

 

 

Q. では、東さんにとって演劇とは?

 

演劇に限らず、エンターテインメントは観る人の心に強く訴えかけることが出来ますし、素晴らしい作品というのは、観る前と観た後で人を違う状態にしてしまうだけの力があるとも思っています。特に舞台は「ナマモノ」。俳優と観客が同じ時間を共有する、ある種のお祭り空間です。自分自身、素晴らしい作品に出会った時、感動の度合いは舞台の方が圧倒的に高いと感じています。娯楽は、時間やお金が無い時に真っ先に切られがちです。特に舞台は上演期間が短かったり、チケット代が映画と比べると高かったりと、選択肢から外されることが多いかもしれません。しかし、余裕がない時程、娯楽に触れるべきだと思います。特にぜひ舞台を観に劇場に足を運んでほしいです。明日をどう生きるか…答えが見つかると思います!

 

 

Q. MMJでは数少ない演劇プロデューサーの東さんですが、MMJを選んだ理由は何ですか?

 

大きな理由は、名だたるテレビドラマを数多く手がけている点です。演劇作品の制作に携わりたかったのですが、それだけを専門に行なっている会社に就職してしまうと、視野も狭まりがちだと思いました。実際に演劇制作を進める上で、ドラマ制作で実績を上げてきたMMJの名前は非常に有効に作用するだろうと思いましたし、自分自身勉強になることも多いだろうと思いました。
また、MMJの演劇制作事業はまだ始まったばかりということもあり、既存の流れに囚われない新しい作品や、寧ろ新たなジャンルを作れるのではないかとも思いました。一朝一夕では決して出来ないことですが、とてもチャレンジングだなと思いました。

 

 

Q. 東さんが思う”MMJの強み”を教えて下さい。

 

MMJを選んだ理由でも挙げましたが、名だたるテレビドラマを数多く制作し、今も第一線で良質なドラマやバラエティを制作し続けていることだと思います。それぞれの作品の裏側には様々なドラマがあって、それを先輩方から聞くだけでとても勉強になります。外部の方々と仕事をする上でも、MMJの名前を出すだけでわかってもらえるところもあり、大変助かっています。舞台の分野ではまだまだ名前が通っていないこともあるので、今後は「MMJは良い舞台作品も作るね」と言われるように頑張りたいと思います。また、これだけの規模の会社で、ドラマ、バラエティ、映画、演劇と多岐にわたるジャンルで作品作りを行っている会社はなかなか無いのではないでしょうか。色んなチャンスに出会えます!

 

 

Q. ここからは少しプライベートな質問をさせていただきますね。東さんの学生時代はどんな生活でしたか?

 

学生時代は今思うと色んなことをしていたと思います。勉強では、社会文化人類学という学問に出会い、当時教えてもらっていた教授の人柄もあり、院留学を目指すくらいハマっていました。一見、社会に出たら何の役にも立たなそうな学問ですが、当時勉強したことはしっかりと役に立っています。

サークル活動は、演劇部に所属して2年生で部長も経験しました。制作もやりましたが、主に出演する方で、将来役者になると本気で思っていた時期もありました(笑)。

アルバイトは約3年間ペットショップで働いていました。雛に餌付けしたりしていました(笑)。他にもタイとマレーシアにバックパッカーしに行ったり、一週間だけアラビア語を習いに行ったり…とにかく色んなことをやりました。どれもどこかで役に立っている気がします(笑)。

 

 

Q. 日頃の息抜き方法などがあれば教えて下さい。

 

息抜きは料理をすることです。一人暮らしを始めて、節約の為に自炊するようになったのがきっかけですが、今となってはもはや趣味の領域かもしれません(笑)。つきあいなどで高カロリー・高脂質な食事をすることも多々あるので、家では、なるべく短い時間で、野菜を多めに使ったヘルシーな料理を作るようにしています。料理をしている間は、食材を切ったり、下ごしらえしたりなど、それ以外のことを一切忘れて没頭できるのがとても良いです。一日の終わりに料理して食事をすると心身ともにスッキリします。ちなみに、大抵料理するときは、翌日のお弁当も作るので、社内ではお弁当男子で通っています(笑)。あとはとにかく寝ることです。

 

 

Q. ご自身のセンスを磨くための工夫や日課などはありますか?

 

最近は全く行けていないのですが、年に一度ニューヨークに行っていました。ブロードウェイは舞台の本場ということもあり、様々な作品を観ることでとても勉強になりましたし、仕事をするモチベーションも上がりました。最近はニューヨークに行く代わりに、映画や舞台など少しでも気になった作品があれば、なるべく観に行くようにしています。良い意味でも、悪い意味でも勉強になることが多いです。忙しいと何かとインプットを忘れがちですが、アウトプットばかりだと、センスも気力も枯渇してしまって良くないのだなと思います。

 

 

Q. 10年後、どんなプロデューサーに自分になっていたいですか?

 

『あの「◯◯○」を手がけたプロデューサー』と言われるような、代表作を手掛けていたいなと思います。少子高齢化が進む日本で、日本人だけをターゲットにした作品作りは今後難しくなってくるように思います。世界で通用するような作品を作れたらいいなと思っています。なんだかんだ「やりたい」と口にしたことは、様々に形を変えながらもやって来られたので、きっとなりたい自分にもなれるのではないか、と楽観的に考えています。尤も、千里の道も一歩からなので、今目の前にあることからコツコツ頑張りたいと思います(笑)。

 

 

Q. それでは最後に、就活生へメッセージをいただけますか。

 

私自身がきちんといわゆる就活をしなかったので、就活のコツのような具体的なことは残念ながら申し上げられません。この業界を目指している方々は、好きなことを仕事にしようとしている方々だと思います。うまくいかないことが続くと、折角好きだったことが嫌いになってしまったりすることもあると思います。私自身は全く違う業界で仕事をしてから、この業界に転職しました。学生時代には全く考えられない行動でした。人生は長く、色んなことが起こります。あまり自分を追い込まずに、自然体でいれば、自分自身が本当に何をしたいのかもわかると思いますし、就活もきっとうまくいくのではないでしょうか。

PRODUCER

事業部

東 圭介

北海道出身。
2014年、メディアミックス・ジャパン入社。
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム(初演〜3rd letter)」、舞台「愛が殺せとささやいた」でAPを経験後、プロデューサーとして「朗読劇 私の頭の中の消しゴム (4th letter〜)」、舞台芸術集団地下空港「壺を割った男」・「ダキニ城の虜」などに携わる。
楽しく仕事をすることがモットー。

プロフィールページ