MMJ Media Mix Japan  メデイア・ミックス・ジャパン

HOME > INTERVIEW

ASSISTANT DIRECTOR インタビュー

制作2部

多次見 隼斗

HAYATO TAJIMI

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

 

助監督(AD)として、主に連続ドラマの制作をしています。
助監督の中で様々な仕事が振り分けられているのですが、僕は主に劇中で使う美術品・小道具などを担当しています。その他にもデスクワーク(企画書作りや資料作り)なども行っています。

 

 

Q. 数ある制作会社の中で、MMJを選んだ理由は何ですか?

 

僕はとにかく”ドラマっ子”だったので、大学の在学中から連続ドラマを制作しているMMJに入社したいと思っていました。MMJ制作している作品(時効警察、熱海の捜査官、結婚できない男etc…)が好きだったので、採用内定通知を頂いた後は、就職活動をすぐに辞めてしまいました(笑)

 

 

Q. ドラマの制作現場での苦労と醍醐味って何かありますか?

 

この仕事の”寝れない”だとか”帰れない”などは誇張された”都市伝説”だと思っていたのですが、ただの”日常”だということが分かりました(笑)やはり早朝から夜遅くまで撮影の日々が続くと体力的にキツイことは多々あります。一緒に仕事をする方も大ベテランの方だったりすると胃が痛むこともしばしばです…。
それでもやはり、自分がこだわった美術品や自分が考えたオフ台詞(台本上には書かれていない台詞)が放送されると喜びや感動もひとしおです。何より仕事を覚えていくうちにドンドンと楽しくなっていくので、自分が成長したいと強く思えるのもこの仕事の魅力だと思います!

 

 

Q. 多次見さんの仕事をする上でのこだわりはありますか?

 

まだ”こだわり”を見つけている最中だと思います。全然半人前なので…。逆に言うと”こだわり”を持たないことが、今の”こだわり”なのかもしれません。この仕事をしていると本当に色んな方と出会うので、臨機応変に仕事の仕方を変えていかないといけません。よく人によって態度を変えるのは悪いと言われていますが、それができるのは本当に限られた人間しかないので、僕みたいな半人前の凡人は態度をコロコロ変えて生きていきたいと思っています。

 

 

Q. ドラマ制作に携わっている多次見さんにとってドラマとは何ですか?

 

僕にとってドラマは”壮大な嘘”だと思っています。
ドラマの最後に「この物語はフィクションです」と出るように、やはり僕たちは”嘘”を作って視聴者を感動させたり、興奮させなければいけません。その”嘘”の世界をスタッフ一同で知恵を振り絞って魅力的に創るのか、僕はその”嘘”の魅力に引き込まれているのだと思います。

 

 

Q. 1年間MMJで仕事をしてみて感じた”MMJの特徴”は何かありますか?

 

MMJはドラマ制作の他にも映画、バラエティ、舞台、マネジメントなど多種多様な業務を行っているので、いろいろな角度から仕事を取り組めるのが魅力だと思います。
ドラマ班とバラエティ班が一緒に一つの事業に取り組んだりと垣根を超えたプロジェクトができるので、広い視野で仕事ができるのは恵まれていると思います。

 

 

Q. 少しプライベートな質問をさせてください。学生時代の多次見さんはどんな活動や生活をおくっていましたか?

 

僕は少し特殊な大学だったので授業でテレビ番組を作ったり、脚本を書いたりしていましたが、どこか冷めた感じの生徒だったと思います。周りにはすごい熱量を持った同級生がたくさんいて、そんな熱量を持てない自分にいつも劣等感を抱いていたと思いました。なので、いつもそんな同級生の悪口を言っていたダメな奴でした(笑)

 

 

Q. 休みの日などの息抜き方法はありますか?

 

映画やドラマを見ると言えればかっこいいでのですが、僕は映像作品を見るときはある程度覚悟を決めてからではないと見られないので、友人と深酒をしてしまうことが多いです…。
後は本屋に行って爆買いすることもよくあります。漫画・小説などをどんどんカゴに入れていると、自分の中のドーパミンが放出されている感覚にトリップできるのでオススメです(笑)

 

 

Q. そんな多次見さんの感性をくすぐるようなものがあれば教えて下さい。

 

僕には嫌いな言葉があって、それは”自分探し”と”自分磨き”です。あと”人間観察”という言葉も嫌いです。そういう事を言えてしまう人が僕は苦手なのですが、逆に言うとそういう人に出会うとゾクッとするので、僕の感性がくすぐられているのかもしれません。ただ、意識的に常に先を見ていないと目の前の仕事に手一杯になってしまうので、二手三手先を意識して生活するようには心がけています。

 

 

Q. 10年後、多次見さんはどのようになっていたいですか?

 

まず、健康でいたいです(笑)体型を維持したいです(笑)
仕事面では、自分で企画した作品を脚本・監督をしたいと思っています。今は芸人さんやバラエティの放送作家さんが連続ドラマの脚本を担当したり、映画監督が連続ドラマに参入したりと、どんどん多様化してきています。なので、自分で企画も脚本も監督も出来る敏腕な男になりたいです!

 

 

Q. では、最後に就活生へメッセージをお願いします。

 

就職活動中はギラギラしているので、あまり人の話は頭に入ってこないと思います。でも自分で決断したと思っていることでも、結果としてそれは様々な人の影響を受けての自分の決断になるので、とりあえず色んな人の話を聞いてみることをオススメします。
“あまり深く考えずに”と言われたら僕は相当腹を立てたと思うので言いませんが、”頭を柔らかくして”就職活動を頑張って頂ければと思います。

ASSISTANT DIRECTOR

制作2部

多次見 隼斗

神奈川県出身。

2016年メディアミックス・ジャパン入社。

助監督としてテレビドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」、映画「めがみさま」などに携わる。

プロフィールページ